MENU

【編集部厳選】高槻市駅 × 公園のおすすめスポット3選!

目次

ボーネルンド プレイヴィル 安満遺跡公園

大阪府高槻市八丁畷町にある「ボーネルンド プレイヴィル 安満遺跡公園」は、子供と一緒に楽しめる公園です。公園内には授乳室やオムツ交換台もあり、子育て中の方にも便利です。また、雨の日でも楽しめる施設であり、観光案内や情報発信も行っています。さらに、高槻市内の名産や特産品も販売しており、地域の魅力を感じることができます。口コミによると、安満遺跡公園内にある施設であり、観光案内や情報発信のほか、高槻市内の名産や特産品も販売しているようです。

【公式サイト】https://www.bornelund.co.jp/playground/playville-amaiseki-park
【住所】大阪府高槻市八丁畷町12
【電話】072-668-3145

高槻城跡公園

大阪府高槻市にある高槻城跡公園は、公園としてだけでなく、スポーツ施設やアスレチックも備えた多目的な施設です。乳幼児から中高生まで楽しめる場所であり、大人も一緒に楽しめます。駐車場もあり、ベビーカーもOKで、食事も持ち込めます。高槻城は、入江氏の居城であったが、織田信長に滅ぼされ、その後和田惟政、次いで高山右近が城主となりました。江戸時代には、高槻藩の藩庁として用いられ、1874年に廃城となりました。高山右近は、キリシタン大名として知られ、茶人としても活躍しました。また、海外でも噂が広まり、フィリピン総督から大歓迎を受けたこともあります。

【公式サイト】http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kurashi/kiban/koen/daihyo_koen/1328858972677.html
【住所】大阪府高槻市城内町3
【電話】072-671-0024

安満遺跡公園

大阪府高槻市にある「安満遺跡公園」は、弥生時代の遺跡を中心とした公園です。この遺跡は1928年に京都大学大学院農学研究科附属農場の建設工事中に発見され、発掘調査が行われました。弥生時代の石器や土器が出土し、これらの出土品から弥生文化が北部九州から畿内へ流入したことが初めて指摘されました。その後、京都大学大学院農学研究科附属農場の移転に伴い、高槻市が本遺跡を保存・活用する目的で「安満遺跡公園」として整備されました。2021年には公園内が全面開園しました。 この公園は子供と一緒に楽しめるスポットであり、駐車場も完備されています。また、駅からも近く、アクセスが便利です。さらに、授乳室やオムツ交換台もあり、赤ちゃん連れの方にも配慮されています。雨の日でも楽しめる施設であり、売店やレストランもあります。ベビーカーも利用できるため、子供連れの家族にとっては嬉しい環境です。 口コミでは、安満遺跡を中心とした公園であることや、弥生時代の出土品が展示されていることが紹介されています。また、京都大学の研究成果をもとに整備された公園であることが触れられています。

【公式サイト】http://www.seibu-la.co.jp/park/ama-sitepark/
【住所】大阪府高槻市八丁畷町12-3
【電話】072-648-4725

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる