MENU

【編集部厳選】知床・網走・北見・紋別 × 科学館のおすすめスポット9選!

目次

知床世界遺産センター

北海道斜里郡斜里町にある「知床世界遺産センター」は、博物館と科学館が併設された施設です。0歳から6歳の幼児や小学生、中学生、高校生、そして大人まで楽しめる場所で、ベビーカーも利用可能で駐車場も完備しています。知床の自然や動物に関する情報が無料で学べ、世界遺産に関する情報発信の拠点としても利用されています。また、16:45から17時頃までは無料開放されているので、知床を訪れる際にはぜひ立ち寄ってみてください。

【公式サイト】http://shiretoko-whc.jp/whc/
【住所】北海道斜里郡斜里町ウトロ西186-10
【電話】0152-24-3255

オホーツク流氷館

「オホーツク流氷館」は北海道網走市にある博物館・科学館・展望台の複合施設です。0歳から大人まで楽しめ、赤ちゃん連れでもOK。展示物には流氷やオホーツク海の生き物があり、マイナス15℃の室内で流氷に触れることもできます。また、観光情報コーナーやレストランもあり、駐車場も完備。口コミでは、展示物の充実や寒さ対策の充実が評価されています。

【公式サイト】https://www.ryuhyokan.com/
【住所】北海道網走市天都山244-3
【電話】0152-43-5951

博物館網走監獄

北海道網走市にある「博物館網走監獄」は、実際に網走刑務所で使用されていた建物を移設展示している博物館・科学館です。幼児から中高生まで楽しめ、大人も一緒に楽しめる施設で、駐車場やオムツ交換台、レストランなどの設備も充実しています。口コミでは、歴史を体験できる貴重な場所であることや、見学には2時間半程度の時間が必要であることが紹介されています。また、展示の人形がリアルで怖めだが、当時の様子をそのまま残されているため勉強になるという声もありました。無料で駐車場が利用できるため、気軽に訪れることができます。

【公式サイト】http://www.kangoku.jp/
【住所】北海道網走市呼人1-1
【電話】0152-45-2411

標津サーモン科学館

北海道標津郡標津町にある「標津サーモン科学館」は、水族館と科学館が併設された施設です。0歳から6歳の幼児や小学生、中学生、高校生、そして大人まで楽しめるスポットで、駐車場もあり雨の日でもOK。サケ科魚類展示は全国一位の種類数で、ガラス張りの水路から標津川の鮭が遡上する姿を直に見ることができます。また、大きな水槽にはオショロコマやイトウが展示され、餌やりやチョウザメ指パク体験、ドクターフィッシュ体験などもあります。さらに、オムツ交換台や売店も完備しており、ベビーカーもOKです。駐車場料金は無料です。

【公式サイト】http://s-salmon.com/
【住所】北海道標津郡標津町北1条西6丁目1-1
【電話】0153-82-1141

弟子屈町屈斜路コタンアイヌ民俗資料館

「弟子屈町屈斜路コタンアイヌ民俗資料館」は、北海道川上郡弟子屈町にある博物館・科学館です。0歳から2歳の赤ちゃんから、小学生、中学生、高校生まで、子供たちが楽しめる施設となっています。また、大人も一緒に楽しめます。駐車場があり、雨の日でもOK。ベビーカーも利用可能です。アイヌの血を引く宇梶剛士さんがMCのビデオを上映しており、じっくり見ることができます。駐車場は無料ですが、砂利の駐車場となっています。

【公式サイト】http://www.town.teshikaga.hokkaido.jp/03kyouiku/30syougai/25shisetsu/2009-0317-2216-102.html
【住所】北海道川上郡弟子屈町屈斜路11
【電話】015-484-2128

北海道立オホーツク流氷科学センター「ギザ」

北海道紋別市にある「北海道立オホーツク流氷科学センター「ギザ」」は、博物館と科学館が併設された施設です。0歳から2歳の赤ちゃんから、小学生、中学生、高校生まで、子供たちが楽しめる内容が盛りだくさん。また、大人も一緒に楽しめる施設で、駐車場や授乳室、ベビーカーの利用も可能です。雨の日でもOKで、売店やレストランもあります。口コミでは、流氷の勉強に最適な場所で、北の天使も神秘的で可愛いと評判です。また、近くにはカニの爪モニュメントがあるので、観光にも最適です。

【公式サイト】http://giza-ryuhyo.com/
【住所】北海道紋別市元紋別11-6
【電話】0158-23-5400

斜里町立知床博物館

北海道斜里郡斜里町にある「斜里町立知床博物館」は、博物館と科学館の2つの施設があります。子供と一緒に訪れても大人も楽しめるスポットであり、駐車場も完備されているため、車でのアクセスも便利です。また、雨の日でも楽しむことができるため、天候に左右されずに訪れることができます。施設内にはオムツ交換台や売店もあり、ベビーカーも利用することができます。口コミの内容は現在わかりませんが、子供連れの家族にとってはおすすめのスポットと言えるでしょう。

【公式サイト】http://shiretoko-museum.mydns.jp/
【住所】北海道斜里郡斜里町本町49-2
【電話】0152-23-1256

知床世界遺産ルサフィールドハウス

北海道目梨郡羅臼町にある「知床世界遺産ルサフィールドハウス」は、博物館、科学館、展望台という複数の施設が一つになったスポットです。子供と一緒に訪れても大人も楽しめる場所であり、駐車場も完備されています。また、雨の日でも楽しむことができます。このスポットは知床半島を知床岬へと向かう道の途中に位置しており、ウトロ側からは切り立った岩場が多く歩くことができません。そのため、羅臼側から知床岬へ向かうことが一般的です。しかし、羅臼側からの道は困難であり、片道に1.5日かかる上にヒグマの生息地でもあります。そのため、この地域を監視サポートするためにルサフィールドハウスが存在しています。

【公式サイト】http://shiretoko-whc.jp/rfh/
【住所】北海道目梨郡羅臼町北浜8-番地
【電話】0153-89-2722

北海道立北方民族博物館

北海道網走市にある「北海道立北方民族博物館」は、博物館・科学館・体験・アクティビティが楽しめる施設です。小学生から中学生・高校生までの子供たちだけでなく、大人も一緒に楽しめるスポットで、駐車場もあり、雨の日でもOKです。また、売店もあるため、お土産を買うこともできます。展示物としては、海外の北方民族の珍しい衣装や楽器などがあり、普段なかなかお目にかかれないものが見られます。オホーツク流氷館から徒歩で向かうことが可能で、JR網走駅行のバスも出ているため、時間帯を確認して訪れることができます。

【公式サイト】https://hoppohm.org/index2.htm
【住所】北海道網走市潮見309-1
【電話】0152-45-3888

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる